ホーム

炭火かんてき焼き肉ホルモン館
Page Down

地元の人にこよなく愛される「ホルモン」は、戦後の食糧難に、先人の知恵より生まれた。
焼肉・ホルモンのメッカとも言われる大阪生野区で、ホルモンの味を知り尽くして作られた自家製味噌ダレはホルモンと相性抜群!!
発祥の地で仕入れるからこその様々な種類の新鮮ホルモンに、珍味な部位もご用意しております!
何より焼肉には欠かせない冷麺は、手打ちでしか出せない麺のこしが自慢!!
ホルモン館って、そんな炭火かんてき焼肉屋。

こだわりのホルモン

数ある屠畜場の中でも南港の屠畜場はホルモン生まれの地!生野区の精肉屋は南港の屠畜場で仕入れる店が多いため、「生野区はホルモン発祥の地」と言われています。
「ホルモンは『ほるもん(関西弁「捨てる物」)』」やし、内臓の部分だから『臭い』んとちゃうの?」と思っていませんか?
当店のホルモンは捨てる物ではなく、発祥の地であるからこその徹底した処理の上で大切に保管された、まさに上物!
そんなホルモンを仕入れているからこそ、当店のホルモンは発祥の地の味と言っても過言ではありません!
また、弾力があって噛みづらいホルモンは少しでも噛みやすくするため、隠し包丁を入れておりますので硬いからというだけでホルモンを嫌いにはさせません!!
珍味の部位もご用意しておりますので、是非一度当店のホルモンを試してみてください!!

こだわりのホルモン

数ある屠畜場の中でも南港の屠畜場はホルモン生まれの地!生野区の精肉屋は南港の屠畜場で仕入れる店が多いため、「生野区はホルモン発祥の地」と言われています。
「ホルモンは『ほるもん(関西弁「捨てる物」)』」やし、内臓の部分だから『臭い』んとちゃうの?」と思っていませんか?
当店のホルモンは捨てる物ではなく、発祥の地であるからこその徹底した処理の上で大切に保管された、まさに上物!
そんなホルモンを仕入れているからこそ、当店のホルモンは発祥の地の味と言っても過言ではありません!
また、弾力があって噛みづらいホルモンは少しでも噛みやすくするため、隠し包丁を入れておりますので硬いからというだけでホルモンを嫌いにはさせません!!
珍味の部位もご用意しておりますので、是非一度当店のホルモンを試してみてください!!

こだわりの味噌ダレ

当店オリジナルの味噌ダレはホルモンと相性抜群!
味噌のとろみがホルモンやお肉の脂をあまりはじくことなくよく絡み、お好みでおろしニンニクやヤンニョムを入れて
さらにドロドロのタレにしても最高!!
ますますご飯が進みます♪

こだわりの手打ち冷麺

焼肉には欠かせない冷麺、キンッキンに冷えた冷麵スープと手打ちでしか出せない麺のこしが自慢!
また、当店の冷麺スープは牛骨・鶏骨をベースとして自家製で作り上げております。
注文されてから生地を練って作り上げるため少々お時間を有しますが、一口食べれば「待ってもよかった」と思っていただけるはず!!
サイズは、大、中、小とご用意しておりますので、まずは小からでもお試しください!

こだわりの炭

肉を美味しく焼き上げるための炭は、いよ備長炭を使用しております。
当店が使用している備長炭は煙が出にくく、灰が舞い上げらない、にもかかわらずしっかりとした火力!
焼いている際の目が痛くなる心配もありません!

こだわりの牛骨白湯スープ

当店のスープはすべて牛骨白湯スープをベースに仕上げております。
牛骨白湯スープは、水につけ血抜きをした後、一度沸騰させあく抜きをしてから10時間以上弱火にかけ作り上げています。
しっかりとしたコクと風味は、長時間かけて出来る白湯スープだからこその味わい。
スープメニューの中でも特におすすめは、何と言ってもアゴハチスープ!!
とろみのあるアゴハチスープはご飯とも相性抜群!ラーメンを入れれば締めに最高!(ラーメンだけでお腹いっぱいになるので要注意⚠)

こだわりの米

当店のお米は仕入れる直前に精米したつきたて米!つきたて米とは、精米してから3日以内のお米のことを言い、新米とほぼ変わらない旨味を持っています。精米後の白米は日がたつに連れて米の中の水分が抜けて味の質が落ちていくのに対し、玄米は米の中の水分を逃がさず米本来の旨味を閉じ込め、新米とほぼ変わらない味を保ち続けます。当店は”旨い肉には旨い米”の信念のもと、つきたて米にこだわっています。